加藤整形外科モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセスしてください。
診療内容

腰痛

いわゆる腰痛は細かく分けると背部痛、腰痛、臀部痛とに分けることができ、それぞれ原因となりえるものが多く存在します。最も多いものが疲労性の腰痛ですが、真の意味で腰痛の原因を特定することは困難です。中には、内臓疾患由来の腰痛や背部痛も存在していることから、安易な治療は行わず、まず専門医の診断を受けてから治療を開始しましょう。当院ではギャッチ式けん引装置を備えており、腰痛緩和に大変有効です。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板に亀裂が入り、中身の成分が飛び出すことで神経を圧迫し足の痛みを生じます。初期の段階ではけん引療法、装具療法、薬物療法などで軽快しますが、進行すると ブロック注射や手術を行う可能性があります。

腰部脊柱管狭窄症

長時間歩くと両足がしびれて歩けなくなるが、しばらく休むとまた歩けるようになる間欠性跛行が特徴的です。下肢の動脈閉塞が原因でも同様の症状が出現するため注意が必要です。初期の段階では薬物療法や点滴療法などで軽快しますが、進行すると手術が必要となることがあります。

スポーツ外傷

膝十字靭帯損傷やランナーズニーなどの下肢スポーツ障害から、リトルリーガーズショルダーやテニス肘などの上肢スポーツ障害まで、日本体育協会公認スポーツドクターが専門的に治療を行い、早期復帰に向けてのプログラムを作成いたします。

骨折 脱臼 捻挫

たかが打ち身と思っていても、骨髄内出血や骨折を起こしていることがありますので、まずは専門医の診察を受けましょう。 当院では被ばく量が少なく、且つ鮮明な画像が得られるデジタルX線撮影装置を導入しております。場合によっては超音波骨折治療法を用いることによって、骨折治癒を早めることができます。また捻挫においても適切な初期治療を行わなければ、治療期間が長びいてしまうことがあります。

変形性関節症

加齢とともに各関節の軟骨が減少し、骨の変形が目立つようになると関節炎、関節痛が生じます。現在でも科学的根拠をもとにした軟骨成分の薬物内服治療が確立されていないため、装具療法やリハビリ治療を中心として、ヒアルロン酸注射療法併用して治療していきます。

骨粗鬆症

閉経後の女性は女性ホルモン分泌が減少することで、骨量が減少することが知られております。当院では簡便に骨量骨密度を測定できる装置がありますので、骨密度の測定結果ならびに骨代謝マーカーを測定して、ひとりひとりの状態に合わせた骨粗鬆症の治療を行うことが可能です。

ロコモティブシンドローム(ロコモ)

運動器症候群とも言い、運動器の障害により「要介護になる」リスクがある状態を指します。下肢筋力増強を目指す運動療法や、バランス訓練など、ご自宅でもできる運動療法指導を行います。
アクセスマップ
地図
東急大井町線緑が丘駅下車 徒歩3分
地図を印刷する|ナビを見る